なぜ必要なのか

監視社会と言われるようになってからいくつもの年月が経ちましたが誰もがそういった社会に適合しているわけではありません。やはりそういった社会の仕組みに不安を持っておられる方やどこかを修正してもらいたいと考えておられる方はたくさんおられるでしょう。皆さんもその一人かも知れません。

今は監視社会と呼ばれていますが、その監視社会は何も私達だけでなくよりもっと多くの、インターネットを通じたグローバルな範囲にも当てはまります。相互監視を行うことによって、危険性と安全性の両方を確立してしまっているのです。
しかし、その監視というのは私達はできるだけ安全を確保するために用いたいと思っていますがそこで利用できるのが監視カメラです。

監視カメラは通常いろいろな店舗に設置してあるものでそれは盗難などの犯罪行為を未然に防いだり証拠を映像で残しておくような役割があります。ではそれを私達の家庭に導入することでどのようなメリットがあるのでしょうか。
私達はいつも自分たちの住んでいる住宅の玄関口を監視している訳にはいきません。特に仕事へ外出している時など、勿論鍵はしているかもしれませんが人がいないという点では無防備になっています。

監視カメラと私達

あなたは現代社会の問題はどういったところにあると思われますか?
現代では様々な技術が発達して、私達市民もその恩恵にあずかることができるようになっていますが、私達は誰もがその技術を100%活用しているかというと異なっています。誰もがそういった技術があることは知っていてもそれを活用しているか、十分活用しきれているかという点は異なっています。

また、現代ではインターネットを用いたサービスが非常に普及してきていますので私達がそれをどのように用いるかという点は人によって全然違うと言えますが、それであっても私達が最先端の技術を取り入れたいと思うことはあるでしょう。特にそれが自分の健康や安全その他に繋がってくるようなものであればなおさらそうであるかも知れません。
そのようなジャンルはいくつかありますが、皆さんはどういった事柄に最先端の技術を取り入れたいと思うでしょうか。その一つであると言えるのが、やはり『安全』というジャンルです。

安全は一日、一つのことだけで成り立つものではありません。いくつもの複合的な対策を行うことによってはじめてそれが10割程度実行されると言えるものです。
私達はそれを自主的に行うことによって、自分たちの安全を高めることができますが、その自主的に行えることの一つに、自宅に監視カメラを設置するという点があります。皆さんはその点に関してどう思うでしょうか。設置した方が良いと思われますか?それとも要らないと思いますか?

  • 1
  • 2